海の手記

報告と記録

もういいや。
誰かになにかを求めるのはやめにすることにした。
無駄は極力省いたほうがいい。
昔のように、孤独にチューニングすることは、たぶんそれほどむずかしくない。

死のう死のうと思っていたらいつの間にか世間はゴールデンウィークになっていた。
仕事には随分慣れた。結局のところ何一つ困難はなく、肥大化した自意識をへし折るには労働はあまりに容易かった。職場のキーボードの大きさにも、行儀正しく堅苦しい文章の書き方も、すぐに生活の一部となってしまった。
媚びを売り、かける迷惑ひとつひとつに謝意を示していればいいだけの人間関係が上手くいかないと嘆く人たちの気持ちが、あるいは煩わしいことを煩わしいというただ一点に拠って享受できないという稚拙さがぼくにはわからないけれど、それでも煩わしいものは煩わしいので早々に適切な距離を形成しなければならないと思いつつ、しかし人間は思いの外人間関係がすきなのでままならない。
これができなければ死のうと、その時その時はきっと本当なのだけれど、気づけば死ぬ死ぬ詐欺で終わっている。ぼくの場合、騙すのも騙されるのもぼくなので始末に負えない。
せっかくの休日を、誰かに拘束されたいという気持ちも、ぼくにはわからない。学生の頃のように、いつだって時間をもて余している(つもり)ならともかく、貴重な時間を誰かに献上するような、それに見合う価値が会合の類や遊びにあるとは思えない。きっとずっとひとりでいたいのだと思う。拒絶し続けて、その結果、本当のひとりになってしまっても、それはそれでいいと今は思っている。
最近はずっとねむれていない。それでも問題ない程度の労働環境でよかったと思う。仕事中、仕事に集中したことは、いまだにない。
新居は日当たりがよくて、ベランダも以前よりすこし広くなったおかげで、休日は布団が干せるようになった。誰かと会話しているより、そっちのほうがよっぽどしあわせだ。
試験が近い。自信はない。受かることにも、おちたあと正気でいられることにも。ただ試験におちたために狂ったと、そう誤解されることはぼくにとって何よりも心外なので、精々正気の今のうちに、正気のふりをする練習でもしておくことにする。
今が本当に正気であれば、だが。

今日がこの部屋で過ごす最後の夜らしい。
いつだかみた部屋が人格を持つCM(たしか不動産屋の広告だった)をみてから、なんだか愛着がわいてしまってよくない。あのCMのように色んなことを共にしたねという旨の言葉を放ってみたが、当然返事はなかった。というよりあの部屋は築年数的にぼくより若い筈なのでCMの彼(?)ほど包容力があるとも思えなかった。むしろ散々散らかすなどしたぼくなど部屋的にはさっさと追い出して、代わりに若い女でも迎えたいに違いない(部屋に男性性を認めるならば、だが)。
なんの感慨もないと言えば嘘になる。この部屋ではたくさんのことがあった。大学に入り露骨に引きこもりとなったぼくとこの四年間最も付き合いがよかったのは彼だ。その点にかんしては礼を言いたい。聞こえているか、ありがとう。
進路も決まっていないままこの部屋を出るぼくを心配してくれているのか、はたまた嗤っているのか。ともかく君との関係もおそらくこれでおしまいだ。
過去のブログ記事を読み返すと、どうやらちょうど一年前のぼくから現在のぼくまで、それほど進退はないらしい。向上心ばかりが高く、つまり意識高い系であるところのぼくにとっては当然の帰結かもしれないけれど。
そろそろ変わってもいい時機なのかもしれない。春がきてそう考えている。遅い。あまりに遅いけれど、春の陽気にあてられてそんなことを考えている。どうせ変わることなんて出来ないけれど、ぼくは死ぬまでぼくなんだけれど、それでもまあ今の自分を好いてやるのは癪なので、ちょっと頑張ることにする。見てるか、一年後のぼく。もし君が変われていないならばすこしは生きるのを恥じたらどうだ。というのは自分の首を締める(笑えない)だけなのでこのあたりでやめておく。
末筆であるが、ぼくよ、どうかご自愛を。

2月13日
きっとこういうことが多くなる。
その時いらなくなるのはきっと私のほうだ。

身の内に怪物を飼っているような気がする。
どうすれば飼い慣らせるのか、あるいは、どうすれば殺せるのか。今はただ、美しく生きる人間が羨ましい。こんなおぞましいものを腹の内に隠しているような人間から生まれでた音楽が、言葉が、物語が美しいわけはなく、だとすれば僕は生きていても仕方がないのではないか。
美しい貴女を汚すだけならば、(いかに貴女がそれをよしとしようとも、だ)僕はなんとしてもこの怪物を殺さなければならないと思うのだ。
宗教はだめだった。ならばもう自罰より他にないのではないだろうか。罰されているうちは、なんとか呼吸が許されている錯覚に陥ることができる。
もう何もわからない。
自分が間違っているということだけは、わかるけれど。

教会

罰されていたい。
そうでないと、くるしい。
罰されている間は、空気がおいしい。
誰も罰してはくれないとき、
ぼくはぼくを罰してもかまいませんか。
馬鹿が治るまで。
性欲が消えるまで。
ぼくがぼくでなくなるまで。

広告を非表示にする