海の手記

報告と記録

そんな風に、自分をいじめないであげて。
そうやって切なく、かなしい気持ちになったあと、それが自分の所為であることを思い出す。
また間違えた。
何度目かの間違いは、きっと取り返しのつかないものになる。