海の手記

報告と記録

崇拝

逃げたい。ぜんぶから逃げたいという衝動は、不意に、それでいて慢性的にぼくの精神を蝕みます。ひとりになって、誰にも迷惑をかけず、霞を食って生きていけたら、どれだけ楽かなんて考えては、そんな風になるくらいならば、いっそ死んでしまったほうがいいとも思えて、相も変わらず思考は無秩序です。およそ人生のほとんどを欺瞞と虚偽で過ごしてきた自分ですけれど、最近はもう取り繕うのにも限界が来ているようで、いつボロが出てもおかしくないというか、もう出てしまったらそれでもいいかというような精神状況にあります。先日のイベントを本当にそつなく、何の障壁もなく上手にこなしてしまえたという事実は、思ったよりもぼくを疲弊させているのかもしれません。考えない愚直さと、斜に構えない素直さへの憧憬は、いよいよぼくを殺しそうです。自分はどうしようもない人間だから、自分を許さずにいることがきっと罰で、どんな行為も自己嫌悪に帰結させなければ生きることが許されないような感覚がずっとあります。もうずっと、十年くらいはこんな風で、病んでいると言われればそうなのかもしれません。ぜんぶぼくがわるい。ぼくのような人間は嫌うことすら許されていないから、嫌うより嫌われるほうを、と生きてきたら何も嫌えなくなってしまいました。選ぶことをせず選ばれることだけを選んでいたら選ぶことがとても怖くなりました。博愛なんて聞こえは良いけれど、それは特別がないということで、つまり何も愛せないのと同義です。主体性というもの自体が許されていないみたいな、狂った内省と自虐を繰り返して、それでも生活というのは自己愛との戦いで。こうやって書き綴る内容も、多少表現を変えているだけで、毎度同じことの繰り返しで、自分がまるで進退ない人間であることが自覚せられてつらくなります。人はきっとぼくを苦しんでいるふりをしている奴だと判断するでしょう。もしかしたらそうなのかもしれませんね。そうだったら幾分救われるのですけど。

広告を非表示にする